責任を持って、バイクに乗ろう

責任を持って、バイクに乗ろう

バイク好きな人、多いですよね〜。
バイクって、風をそのまま感じられるスピード感が最大の魅力です。

 

確かに実用性とかを考えると、四輪の自動車には負けますが、この魅力のとりこになっている人が多いのが、実用性だけでは片づけられない、バイクの強みとなっています。
バイクは(当たり前ですが)二輪なので、自転車と車の間のイメージと捉えている人も多いと思いますが、バイクに乗るにはきちんと運転免許を取得する必要があります。
所定の学科を修了して、実地試験をパスしないといけないのですが、それには、やはりバイクの危険性も重々理解して乗らなくてはいけない、という理由もあります。

 

車に乗る人がハンドルを握る際に負わなければいけない責任。
バイクにもこの責任というのがあるということを、バイクに乗る全ての人達も認識しなければいけません。
その一端として、最近、車やバイクに乗る人の中で任意保険に加入していない人が多いという問題があります。
自賠責に加入しているからいいでしょ、と思うかもしれませんが、自賠責保険は、補償の範囲に限度があることを理解して、必ず任意の自動車保険に加入しておくことが必要。

 

備えをしっかりした上で、安心してバイクを楽しみたいものですね。